-降水短時間予報-
アフィリエイトプラスアルファ 

正統派サイトとして新たにアダルトの定義設定をし、アダルト廃止宣言し、物事を熱く語りたいと思います。

首相官邸 2007-06-25

「安倍内閣メールマガジン」より










       首相官邸 




奇跡のきのこ!



「安部内閣メールマガジン」が変わります。
「小泉内閣メールマガジン」から引き継いでいる「安部内閣メールマガジン」及び「小泉内閣メールマガジン」は「著作権」上問題があると思いすべて削除しました。
引用の「従」と「主」に問題がありました。
これは、私の「著作権」に対しての認識不足によるものです。
深くお詫びもうしあげます。
なお、この権に関しましては、自主的におこなつているもであります。
当事者間の問題は一切ありません。
これからも、私自身の判断で「著作権」上問題があると思われる過去記事は削除いたします。

2ヶ月ほどごぶたさしていました 2007-06-25

久しぶりです


当サイトかわりますよ!!

どういうふうに変わるかって………
それはのちのちのお楽しみに!!
 タイトル、デザイン的にはなんの変わりもありませんが、いままで間違ったブログの運営をしていたことに私は気付きました。
それはそれは背筋が凍るほど恐ろしいものです。
 過去にコンプライアンスとか私は唱えていましたが、まことに恥ずかしい事に気付きました。
この恥ずかしさ、無知さはつづることはできませんが、当ブログの内容は多少変わります。
そのカテゴリの記事に対し、前と今どう変わったかを折々伝えていきたいと思います。

 その先行といたしまして、「著作権」に関して、私の感じたことを記事としました。
 これは、ブログ、ホームページを作成運営するにいたって避けて通ることはできません。
ほかに、「肖像権」の問題もあります。
これらを侵害せずいかにブログをどう運営するかを慎重に考えなければならないと痛感しました。
 記事に尽きたとき、案外「著作権」、「肖像権」を侵害する可能性があります。
それらは、個々の無知と認識不足から生じることだと思います。
 私は幸い問題が起きる前に、自分自身の危険性に気付きました。
 私は除所に改善をし、過去の記事に対しても除所に削除する記事は削除し、改善するものは改善します。
 同じカテゴリでも大幅に改善しなければならないものも事実あります。
いまは、ここではいえませんがそのカテゴリのときに、大幅改善し説明します。
場合によっては、過去記事を削除するつもりです。
多少の時間はかかるとは思いますが…。

これからは、引用の「従」と「主」を年頭に入れブログを運営していきたいと思います。



「著作権」とは 2007-06-25

『著作物』を利用する際の注意!!


ブログ、ホームページ製作の際重要です!

 私ここ2ヶ月私なり独学でSOHOについて勉強をしました。
その中で、特にきになったのは、デリケートな「著作権」
に関して考えました。
特に「著作権」ブログを製作する上で、特に記事を書くにしても、記事を書いた人に著作権があり、本人の許可が無い限り転用は許されません。
なぜならば、これは著作者を守る「著作権法」という法律があるからです。
この法律は、ブログやホームページだけに適応される訳ではありません。
個人が考え、書いた文書、絵、映像、音楽などは、すべて著作物です。
 恋人にだすラブレター、電子メール(メール)も著作物なのです。
当然、著作権があります。
他人のものを引用しない限り、その人の著作物で「著作権法」で守られています。
 例えば企業でのプレゼンティーション、企画書、設計図、アーティストの音楽、作曲、芸術家の絵、写真、彫刻、映画監督の映画など拾い上げればがぎりななくあります。


自分のブログ、ホームページを

                チェックしてみては…?


 ときには、しらないうちに「著作権」を侵していたり、侵害されたりします。
大半の人は、私と同様に無知が多いと思います。
 みなさんも一度自分のホームページ、ブログをチェックしてみては…?
 私は、訴えられた訳ではありませんが、いままで使用した記事の中で「著作権法」に触れそうな危ない記事もあるかもしれません。
そう考えたとき、恐ろしいものが背筋をはしりました。
 基本は、自分で楽しみながらのブログですが、そのなかにアフィリエイトがあり、出会いがあり、教養があり、雑学があり、地域話題、世界的話題、社会情勢、政治経済、コミニュティーの場あり、多目的ブログをめざしています。
その中でデリケートな「著作権」を考えながら活動していきたいと思います。


        引用の際の注意!!

 「著作権法」には、みなさんご存知のように、営利を目的とせず自分で楽しむ分においては問題はありませんが、それをコピーし多数の人に配布すると問題があります。
 一概にはいえませんが、誰でも気軽にできるブログ、ホームページは、大勢の人が閲覧します。
「著作権法」の認識不足により「著作権」を侵害していたらたいへんなことになります。
「著作権法」には著作物の引用が許されていますが、これがまた決まりがあるのです。
引用するにあたつては、引用部分をカギカッコで括るなど、引用元や著作者を明記することは、たいがいの人は知っている思います。
実はこれだけじゃいけないのです!!
引用部分が従、自分の書いた文書が主とする場合その行為は認められるわけです。

 
      著作権上認められた引用とは!?

 報道、批判、研究などの目的上の正当な範囲内の記事での利用することを指します。

 以下の要件を満たしていることが、重要です。

★ 引用が、その目的に照らし、対象となった著作物を引用する必然性があり、引用  の範囲も合理性、必然性がある範囲であること。
★ 本文と引用部分が明確に区別できるようにすること。
★ 質量的にも、引用先が「主」で引用部分が「従」というかんけいであること。
★ 引用部分の出所が明示されていること。

   の要件を満たしていることが必要です。


* 本文を許可なく転記、複写、を禁ずる




 | HOME | 

Profile

桜木 花道

桜木 花道

歓迎!DTIブログにようこそ!
このサイトは、アフィリエイトを含む情報発信サイトとして、皆様に役に立つサイトとして勉強していきたいと思います。また、コミニュティーの場とて、皆さんと一緒に地球環境問題考えて行こうとおもっていますので、のコメントを御待ちしています。ご指導ごべんたつのほどを宜しくお願いいたします。尚当サイトは、健全化のためアダルトを廃止を宣言し、掲載いたしません。皆様、子供から大人まで楽しめる安全な、サイト運営に心がけたいと思います。
さぁ!皆さんGet Moneyでお小遣いを稼ごう!!詳しいことは、私のサイトを細かくご覧ください。

クレジットカードのショッピング枠をオンライン決済で現金化。最速60分送金。還元率最高90%



SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


商品無料仕入戦隊『電脳卸』



天気予報コム









-無料占い-

border=0













Monthly


Categories



Appendix

  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • GALPOP.NET
  • GALPOP BLOG

Entries


Comments


Trackbacks