-降水短時間予報-
アフィリエイトプラスアルファ 

正統派サイトとして新たにアダルトの定義設定をし、アダルト廃止宣言し、物事を熱く語りたいと思います。

この車なんでしょうか? 2008-03-15

謎の車


 謎の車発見!!

 車が古くて、メーカや車種が不明です。
誰か、どこのメーカでなんていう車種かご存知ありませんか?
気になります。





古いトラック 2008-03-09

   骨とう品クラスの古いトラック

      ナンバーは4ナンバー1桁


 こないだものすごいものを千葉県松戸でみました。
なんと、トラックのナンバーが千葉4で○○○○なのです。
いまのナンバーはトラックであれば、11とか2桁で○○−○○ですょね。
 私が小さい頃のナンバープレートなのです。
今では、そう簡単に見られないナンバープレートです。
しかも、そのトラックの車種やメーカーは、私には遠くからではわかりませんでした。
 記念に写真を撮りました。




このアップの写真の青いトラックが骨とう品クラスのくるまです。

首都高にNISSANGT-R出現!! 2007-12-24

首都高にNISSANGT-R現る!!




  〜 開通前の首都高山手トンネルにて 〜

 

開通前の首都高 山手トンネルに

             日産GT−Rが出現

2007年12月7日 18:30
 12月5日、間もなく開通する首都高「山手トンネル」(東京都の池袋〜目黒を結ぶ首都高速中央環状線)において、日産GT−Rの発売を記念した「Tokyo Underground Night NISSAN GT-R × SHUTOKO YAMATE TUNNEL」と題されたパーティが開催された。

 日産GT−Rはご存知の通り、東京モーターショーでデビューを果たした日産製のスーパーカー。最高出力480ps、最大トルク60.0kgmという国産車史上もっとも高性能な1台であり、0-100km加速性能は3.6秒、最高速度は実に310km/h(国内仕様は180km/hリミッターを装着)に達する。しかしながらはその価格は777〜834.8万円と、同等の性能を持つポルシェ911ターボ(1858〜1921万円)の半分以下というコストパフォーマンスの高さを誇る1台でもある。

 22日に開通する首都高の「山手トンネル」を使ってのパーティだけに、まずは実際に日産GT−Rが参加者の前を疾走。その後GT−Rで日産自動車の志賀俊之COOが登場するとともに、助手席からは米倉涼子が登場し、会場を沸かせた。


【excite.ism より】

 開通前の首都高山手トンネル池袋〜目黒を結ぶトンネル、総工費4600億円のとてつもない巨額の資金を投入され作られたトンネルに、NISSAN GT-R販売価格777万〜834,8万円が12月5日に首都高の開通前の山手トンネルで日産GT=R発表記念走行をおこなった。 
 その後12/22/16:00開通式が行われ、開通し首都高の渋滞緩和効果の期待がされている。
 スカG(スカイラインGT-R)最終モデル6年の歳月をへて、新たなGT-R伝説が始まった。
桜井真一郎が手がけていたスカイライン1代〜7代までてがけ、そのうちGT-Rを発表したのは、のKPGC!0、(1969年2月〜)、KPGC!110(1973年1月〜)、BNR32(1989年8月〜)、BCNR33(1995年1月〜)、BNR34(1999年1月〜)の5種類のみで、スカイラインに関しては直列6気筒エンジンにこだわっていました。
 とくに、スカイラインGT-Rは1964年5月3日鈴鹿第二回日本GPで、ポルシェを抜いた名車である。
このとき、GT-R伝説は始まりまったのです。 
1969年2月発売のKPGC10それが、スカイラインGT-R!!のちのスカGとなる。
 そしていまスカイラインGT-Rは、NISSANGT-Rへと進化しました。
スカGは直列6気筒エンジンだが、NISSANGT−Rのパワーユニットは、V6気筒3.8?エンジンでツインターボ、空冷オイルクーラー、空冷インタークーラーを搭載し、駆動系は4WDでリヤミッション方式で、パワーは480Ps、最大トルク60kgm/3,200~5,200tという幅広い回転域をもつ車です。
 スカイラインGT-Rは、走りのみの車でカーラジオなどは一切ついていなかったが、NISANGT-Rはカーナビやオーディオシステムなどが装備されている。 
ただ速く走るだけではなく、プラスして居住空間などのドライビングの快適さと楽しさ持ち、いままでのスパルタン的なスカイラインGT-Rとは、エンジン形式を含めて異なる車だ。
 だが、 NISSANGT-RはスカイラインGT-Rの血を受け継いだ、テールランプ丸目4灯といった新感覚の車という感じがします。 

 ここからは首都高中央環状線(C2)は、3号渋谷線は東名へ、4号新宿線は中央道へ、5号池袋線はさいたま市へ、S1号川口線は東北道へ、6号三郷線は常磐道へ、7号小松川線は京葉道、これらの3,4,5,S1,6,7号線を隔てて湾岸線につながる路線、今計画工事中の3環状(中央環状、東京外環、圏央道)のうちの一つで、中央環状線3号渋谷線〜5号池袋線の工事区間中、4号新宿線〜5号池袋線の地下トンネル(地上部は山手通り)通称山手トンネル、この区間は5~6kmぐらいですよね。
地下30m、距離6.7km山手通りに二つの排気ガス排煙、地上50mで排出は地上100mまで噴出し、交通管理体制は最新の技術を駆使し24時間の管理体制で、事故の際にいつでも駆けつけていける、白バイ隊を専属に常駐させ、車両火災時の延焼を防ぐスプリンクーラーを備え付けたトンネルだという。
 この中央環状の工事は3号渋谷線からおこなっていりが、部分開通みたいで3号渋谷線4号新宿線はまだ工事中で、この区間もやはり地下トンネルのようだ。
 ちなみにその出入り口は三軒茶屋付近です。
ここの周辺住民は、首都高工事に関してかなり神経質で、工事関係者がおかしなことをしたらすぐに苦情をだします。
 また、5号池袋高松付近、4号新宿初台付近の住民もそうでした。

 新宿〜池袋間は首都高を使って、4号を上り都心環状1号(C1)をとおり、5号を下り池袋という大回りで賞時間は通常でもやく1時間かかりましたが、この山手トンネル開通により、通常時間10分~15分ぐらいでいけるそうです。
いずれ、2号目黒線、1号羽田線へとつながるようだ。
渋滞緩和と時間短縮につながると期待されています。

GT-R出現!! 2007-12-12

首都高にGT-R現る!!


 〜 開通前の首都高山の手トンネルにて 〜

 

開通前の首都高 山手トンネルに

日産GT−Rが出現

2007年12月7日 18:30
 12月5日、間もなく開通する首都高「山手トンネル」(東京都の池袋〜目黒を結ぶ首都高速中央環状線)において、日産GT−Rの発売を記念した「Tokyo Underground Night NISSAN GT-R × SHUTOKO YAMATE TUNNEL」と題されたパーティが開催された。

 日産GT−Rはご存知の通り、東京モーターショーでデビューを果たした日産製のスーパーカー。最高出力480ps、最大トルク60.0kgmという国産車史上もっとも高性能な1台であり、0-100km加速性能は3.6秒、最高速度は実に310km/h(国内仕様は180km/hリミッターを装着)に達する。しかしながらはその価格は777〜834.8万円と、同等の性能を持つポルシェ911ターボ(1858〜1921万円)の半分以下というコストパフォーマンスの高さを誇る1台でもある。

 22日に開通する首都高の「山手トンネル」を使ってのパーティだけに、まずは実際に日産GT−Rが参加者の前を疾走。その後GT−Rで日産自動車の志賀俊之COOが登場するとともに、助手席からは米倉涼子が登場し、会場を沸かせた。

【excite.ism より】

 開通前の首都高山手トンネル池袋〜新宿線約6.7キロのトンネル総工費4600億円と、とてつもない巨額の資金を投入され作られたトンネルに、NISSAN GT-R販売価格777万〜834,8万円が12月5日に発表され、翌日6日に販売された。
 スカG(スカイラインGT-R)最終モデル6年の歳月をへて、新たなGT-R伝説が始まった。
桜井真一郎が手がけていたスカイライン1代〜7代までてがけ、そのうちGT-Rを発表したのは、PGC10/KPGC10.KPGC110.BNR32.BCNR33.BNR34の5種のみで、スカイラインに関しては直列6気筒エンジンにこだわっていました。
 とくに、スカイラインGT-Rは1964年5月3日鈴鹿第二回日本GPで、ポルシェを抜いた名車である。
これが、スカGなのです。
 そしていまスカG〜GT-Rへと進化したのです。
スカGは直列6気筒エンジンだが、GT−RはV型6気筒エンジンのパワーユニットはツインターボ、空冷オイルクーラー、空冷インタークーラーを搭載し、4WDでリヤミッション方式でパワーは480Psの車です。
 20年位前に、NISSANミッドフォー(DOHCミッドシップエンジン4WD)がでるという噂を思い出します。
 スカGは、走りのみの車でカーラジオなどは一切ついていなが、このGT-Rはカーナビやオーディオシステムなどが完備されている。
スカGとは、異なる車だと思う。
まさしくNISSAN GT-RというスカGの血を受け継いだ、新感覚の車という感じがします。







 


NISSAN GT-R復活! 2007-12-07

スカイラインの血を継ぐGT-R



         〜 日産のGT-Rは健在!! 〜 


 日本を代表するスパーカーと言えば、幻のトヨタ2000GTフロント直列6気筒エンジン搭載の車が有名ですね。
各自動車メーカーを代表するスポーツカーといえば、トヨタではヨタ8(トヨタ800)セリカシリーズのセリカLB(セリカリフトバック)、セリカXX、スュ―プラ(XX.スュ―プらはセリカLBの継承を受け継ぐ車で、現在はセリカシリーズはセリカのみ)、トレノ、レビン(スプリンター、カローラ)などのDOHC(ツインカム)エンジンを搭載した車。
三菱の名車は、GTO、ホンダはS800、NSX、イスズは117クーペでいずれもDOHCエンジン搭載した車のみがGTの称号を与えられた。
後排気ガス規制により、一時トヨタのみとなる。
日産では、フェアレディ(現在のフェアレディZ、愛称名ZこのZは当初はL型エンジンでSUツインキャブを搭載した車でもある。)、スカG(スカイラインGTーR)、そのスカGも排気ガス規制に勝てず、シリーズえいうとスカイラインジャパンの時代、そのころ日産ではL型(OHC)やZ型(排気ガス対策エンジンで2プラグ方式、ちなみにホンダのCVCCは、副燃焼方式)エンジンにターボを搭載しスポーツカーバージョンを出していた。
有名なのがブルーバードSSS-Sターボ、スカイラインGTターボでトヨタのDOHC車に対抗していました。
 私は、あのころのトヨタのキャッチコピーはDOHCを載せていない車は、GTとは呼べないというような感じのうたい文句でした。
その頃のスカGはスカイラインジャパンで角目2灯のテールが丸目4灯の横にスカイラインの特徴のサーフィンラインが入っていました。
 勿論そのころはスカイラインGT-Rはありません。

 スカイラインGT−Rの生みの親桜井真一郎(今は日産を退職し1994年12月に株式会社エス・アンド・エス・エンジニアリング資本金2億5,015万円(H・13・3現在)初代〜7代を手がけた人です。
 元々スカイラインは日産の車ではありません。
じゃどこの車?と思われるでしょう
日産プリンスなのです。
このプリンス自動車工業というのは、日産に合併吸収された会社なのです。
この会社のエンジンの性能が凄いものがありました。
日産は、このプリンス自動車工業の技術に魅力をひかれていました。
このプリンスに1952年に桜井真一郎は入社し、数々の名車を生み出してきました。
 特にスカイラインは、世界初、日本初の新機能は幾つもあります。
モノコックボディの全身である「バックボーントレー式フレーム」、走行安定性を高めた「ド・デオン・アクスル」、メンテナンスフリーをテーマとした「無給油シャシー、封印エンジン」、カーナビの前進(1970年に実現)「ドライブガイド」、「リヤウインドウワイパー、トランクオ―プナー」、本格的な2000CC「ターボチャージャエンジン」を搭載した車、セダンに比べホイールベースを70mm短縮し、運動性能を重視したハードトップの技術がスカイラインにそそがれています。
 また桜井真一郎は、スカイラインのエンジン形式は直列6気筒エンジンにこだわっていた。

 今から40年以上の1964年5月3日鈴鹿サーキットで開催された第2回日本GPその伝説は始まった。
 ポルシェを抜いたスカイライン、そのとき登場していたのが、S20型エンジン24バルブDOHC搭載のスカイラインGT−R(スカG)であった。
このとき以後「スカG」人気は確立され、GT−R伝説も始まった。
 そして、スカイラインGT-R最終モデルから5年の歳月が過ぎ、いま新たなGT-Rの歴史がはじまった。
 それは、「スカイラインGT−R」ではなくその名はNISSAN 「GT−R」。
スカイラインの血を受け継ぐGT-R。
 桜井真一郎が抜けた今、新たなGT-R伝説が生まれようとしている。
 












 | HOME | 

Profile

桜木 花道

桜木 花道

歓迎!DTIブログにようこそ!
このサイトは、アフィリエイトを含む情報発信サイトとして、皆様に役に立つサイトとして勉強していきたいと思います。また、コミニュティーの場とて、皆さんと一緒に地球環境問題考えて行こうとおもっていますので、のコメントを御待ちしています。ご指導ごべんたつのほどを宜しくお願いいたします。尚当サイトは、健全化のためアダルトを廃止を宣言し、掲載いたしません。皆様、子供から大人まで楽しめる安全な、サイト運営に心がけたいと思います。
さぁ!皆さんGet Moneyでお小遣いを稼ごう!!詳しいことは、私のサイトを細かくご覧ください。

クレジットカードのショッピング枠をオンライン決済で現金化。最速60分送金。還元率最高90%



SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


商品無料仕入戦隊『電脳卸』



天気予報コム









-無料占い-

border=0













Monthly


Categories



Appendix

  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • GALPOP.NET
  • GALPOP BLOG

Entries


Comments


Trackbacks