-降水短時間予報-
アフィリエイトプラスアルファ 

正統派サイトとして新たにアダルトの定義設定をし、アダルト廃止宣言し、物事を熱く語りたいと思います。

小沢 一郎 武勇伝 2008-03-29

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

       〜第十九弾 不祥事 〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。

 4月は、暫定税率のうちガソリン税が無くなり、25円値下げされる。
小沢民主が掲げていた、ガソリン税廃止の構えは崩さないようだ。
 さて、道路財源も一般財源化されるようなけはうです。
民主党はこの道路財源の不適切、つまり無駄遣いを指摘し与党を問い詰めついには道路財源廃止の作戦にでてきた。
 この道路財源が廃止されると、どうやってどこから道路維持整備事業は行われるのだろうか?
 今回は、小沢一郎の人物像を掲載します。 

 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家北京オリンピックを支援する議員の会の顧問を務める。
衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。  

不祥事 

事務所費問題

2007年1月、自身の資金管理団体「陸山会」が2005年分の政治資金収支報告書に4億円を超える不透明な事務所費を計上していることが発覚した。鳩山幹事長は『(小沢から)「東京都世田谷区内に約3億6500万円相当の土地と建物を購入し、費用を事務所費として計上した」と聞いており「全く問題ない」』と反論した。

政策秘書公職選挙法違反容疑 

第21回参議院議員通常選挙で当選した同党の青木愛の選挙運動員が事務所の指示を受け、参院選公示前日の7月11日、業者に依頼して選挙ポスター付きの看板設置に関する契約を1本当たり500円で千数百万円分の契約を結んだ疑いで逮捕された。 青木氏陣営から「看板に政党ポスターを張って設置し、公示後に選挙運動ポスターに張り替えるよう」発注を受けていた。 印刷会社社長らは、実際に選挙ポスター付きの看板を立てたアルバイトらに「職務質問されたらボランティアだと答えろ」などと指示をしていたため、違法性を認識していたと判断し選挙運動員と印刷会社社長らが逮捕。 印刷会社社長が警察からの事情聴取で、小沢の政策秘書に報告しその内容を掴んでいたのではないかとも取れる供述を行なった。 これに対し、小沢の政策秘書は「選挙違反ではない」と反論。小沢自身も8月31日の記者会見で「選挙違反に当たるような行為は一切していないという(秘書からの)報告で、私もそう思っている」と捜査や報道を批判し強く不快感を示した。朝日新聞は8月30日の朝刊一面に「小沢氏秘書、立件へ詰め」という見出しの記事を載せた。しかし、9月14日、千葉地検は逮捕した印刷会社社長らを「選挙違反にはあたるが、違法性の程度が比較的軽かった」と判断して起訴猶予処分とし、小沢の政策秘書も立件できないまま捜査を終結した。

自身の資金管理団体が10億円を超す不動産を保有し(小沢個人名義で保有)、またその一部を賃貸運用していることなどが発覚し、物議を醸した。それに対し小沢は1月の衆院代表質問で、これらの「支出の詳細、領収書、関係書類を含め公表する用意がある」とし、同じく事務所費問題を抱える自民党に対し、大臣など責任ある立場の議員に公表を迫った。

2月20日、国会内での記者会見で、東京・世田谷区に約3億7000万円の秘書宿舎を建設し、加えて不動産取引の仲介手数料や登記費用として1100万円を計上したという、2003年〜2005年の事務所費などを公開した。一方、10億円は国民の常識からかけ離れているとの批判もあるが、それだけ支援者からの寄付金が多かったということであり、また不動産を所有しても政治資金団体の財産なので問題はないと主張した。同時に、資金管理団体の小沢名義の資産を個人資産にしないという確認書を公開した。自由党、民主党からの収入が不動産取得に使用されたため、(個人の資産に)税金を投入したとの批判を受けた。

その後2007年10月9日参院選で与野党逆転した後、初の本格的論戦で注目されていた衆議院予算委員会総括質疑の初日、「陸山会」が政治資金で購入したマンションの部屋をコンサルタント会社と財団法人に事務所として貸し、2002年から2006年の間に賃料計980万円を得ていたことが報じられた。政治資金規正法は、預貯金や国債など以外での政治資金の運用を禁じており、同法に抵触する疑いもあるとの批判があった。 9日に民主党の鳩山由紀夫幹事長は「法に触れるようなことは何もしていない」とコメントし、「このタイミングで問題化させるのは政治的意図があるからではないのか」とも切り返した。また小沢代表も翌10日の記者会見で「1円単位で領収書を公開した2月時点で(メディアから)追及は全く無かった。それが半年以上も経過した今回一面トップで報じることは、政治的思惑でもって意図的に誹謗中傷した報道であると認識している」とし、これを一面で報じた毎日新聞をはじめ報道を批判するなど強く不快感を示した。なおこれらの違法性を強く否定しつつも今後不動産の売却を進めていく考えを表明した。

  
 【コメント】  小沢 一郎も事務所費問題や政策秘書公職選挙法違反容疑など、私達国民にとって
不透明部分がクローズアップされたが、はっきりとは物を言わずうやまいにされたような気がします。
 逆を言えば頭のきれる、政界の裏表をしりつくした政治家の一人では無いのでしょうか?
まるで、小沢の力でねじ伏せたのではないだろうか?と言う印象さえ持ちます。

ダライ・ラマと中国 2008-03-24

    中国共産化とチベット

       ダライ・ラマ首都ラサ脱出

  1945年第二次世界大戦も終わりを迎えるが、すでにその時中国は、毛沢東率いる共産勢力と右派勢力の蒋介石との内戦が起きており、戦いは3年もの歳月続き共産勢力が勝利し、1949年にソ連邦に匹敵する巨大共産国家が誕生したが、中国全土を統一したわけではなかった。
 もともと中国は、漢民族の土地はごく一部で、北東部の満州や西北部の東トルキスタンや南西部のチベットはまったく別の民族の住む国だった。
 チベットは、18世紀清の時代に征服されて以来、中国の一部として扱われている。

 中国は統一のため、内戦終了と同時に異民族の住む地域へ軍隊を侵攻させ、1950年人民解放軍がチベットへと侵攻開始、一気にチベットの首都ラサを包囲し、非常事態のなかダライ・ラマは摂政タタン・リンポチェの後を継ぎ本格的に、チベットの政治を司ることになる。
彼は直ちに、中国の侵攻を国連に提訴するが国連は、チベットを中国の一部とみなし訴えを却下しました。
 この時ダライ・ラマは15歳で首都ラサから一時離れました。

 1951年北京での会議の後、チベット開放十七か条協定の調印が行われ、無血状態でチベットは中国の支配下に置かれるが、解放軍のラサ進駐のための食糧事情の悪化により、険悪な状態になり始めたが、共産党首脳陣はダライ・ラマに対し友好的な姿勢を装い続け、ダライ・ラマを全国人民代表会議の常務委員副会長に任命するなど、中国は友好的メンバーにしょうとし、彼も一時は共産党への入党を考えたが、共産党の私利私欲にダライ・ラマは共産党指導部の言葉を信じることができず、自体は平行線をたどっていきました。

ダライ・ラマ14世 2008-03-21

      ダライ・ラマ14世

       どういう人物なんだろう?


 チベット自治区での、中国での暴動。
はっきりとは分からないが、民主化を求めての暴動らしい。
 過去にも、現在のロシア旧ソビエト連邦という巨大共産国家の崩壊、ヨーロッパでは有名なのが、東西ドイツの統一ベルリンの壁が取り払われました。
 中国でも、民主化騒動が起きました。
そしてまた、民主化を求める騒動と思われる騒ぎが、チベットでおき、中国政府は沈静化のための、軍事介入をおこなっている。
 その線上に、ダライ・ラマ14世が浮かびあがった。

 いったいダライ・ラマ14世と言う人物はどんな人なのでしょう?
調べていきたいと思います。

 ダライ・ラマ14世もとの名は、ラモ・トンドゥプ
彼は1935年7月6日生まれ、で3歳までチベットの北西部のチャンタン省で農家を営む一家の子として極普通に暮らしていました。
 1933年ダライ・ラマ13世の崩御し、ダライ・ラマ13世の化身(トウルク)を探していた捜索隊が数々の予言に導かれ、彼を探し出しダライ・ラマ14世になるべき人物であると判定した。
 1940年5歳のときチベット仏教のメッカであり、首都でもあるラサのポタラ宮殿に移り住みダライ・ラマ14世を即位する。

 わずか5歳で指導者として、ダライ・ダマ14世を即位し田舎の農家の平凡な子供が、チベット仏教の指導者となったことは、当然帝王哲学や仏教の教えなど学ばなければならないと思う。
 人々の信仰を集めるとともに、それにふさわしい人格えと成長しなければならない。
もう自分自身で人生を選択する余地はないのですから、そのひとにとって不幸か幸せかはわかりませんが、5歳にして巨大な権力を手にしたことになるでしょう。
 それがその人の持つ運命なのでしょうか?
多分自分で選んだ道ではないと思う。

小沢一郎 武勇伝 2008-03-04

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十八弾 小沢一郎の人物像〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。

 相変わらずのねじれ国会、道路財源問題、日銀総裁問題次々と新しく出てくる問題、小沢民主底は逃しません。
 国会を空転させ、福田総理を退陣へと攻撃は緩みません。
なんぼ、福田総理が民主党との党首会談を持ちかけても、去年のような党首会談は、限りなくないといってもよいのではないだろうか?

 今回は、小沢一郎の人物像を掲載します。 

 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家北京オリンピックを支援する議員の会の顧問を務める。
衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。  

人物評 
  • 田中角栄の長男である正法は5歳で亡くなったが、その長男と小沢が同じ1942年生まれであったため、角栄は小沢を息子のように可愛がったとされた。
  • 金丸信は小沢、羽田孜梶山静六の3人を「平時の羽田、乱世の小沢、大乱世の梶山」と評した。
  • 石原慎太郎は「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」と評した。
  • 周囲からは東北人気質も相まって朴訥な人物と評された。そのことから説明する努力に欠け、側近が離れる一因となっているとも指摘された。本人曰く「去るもの追わず。来るもの拒まず」。
  • 党内外での小沢アレルギーの存在が指摘され、これは若手議員よりも自民党当時を知る議員により強いとされた。「独断専行、側近政治、顔が見えない」との批判や、自民党分裂とその後の分裂工作、新進党分裂・解党と、小沢自身の非常にしたたかな戦略がその原因に挙げられた。
  • 自民党幹事長時代に、二日酔いで全国幹事長会議をすっぽかしたり、選挙で負けそうになると選挙の指揮を放り出して外遊に行っていたため、ワースト1幹事長という評価があった。

人物像

  • 田中派から独立した経世会に所属した国会議員で唯一、田中の裁判をすべて欠かさず傍聴した。旧竹下派の中では唯一田中家・田中真紀子から許されているため、命日には田中家を訪問した。そのため親交が深く、田中真紀子の自民党離党、民主党会派入りに小沢は尽力した。また、「政治の父は田中角栄」と公言した。
  • 悪魔の使者」「豪腕」「壊し屋」「日本最後の政治屋」「破壊王」と称され、「政治とは権力闘争である」という政治観の持ち主であった。平成不況の最中、「政治改革などを主唱して権力闘争に明け暮れている」と、財界主流派からは批判された。
  • 私生活では恐妻家として知られた。また、初当選後甲状腺癌を患い治療したことをTVで告白した。
  • 新生党代表幹事時代には番記者との懇談会を廃止し、これまでの記者クラブ中心の会見から海外メディアや週刊誌記者なども会見に参加できるようにし注目を集めた。一方、自分の意に沿わぬ記事を書いたメディアと対立を起こした。
  • 自民党離党直前に発売した『日本改造計画』は政治家の著作としては異例の70万部を超える売上を記録し、1993年を代表するベストセラーになった。自らの政策・政見を広く国民に問うもので、小沢の理念を基に官僚や専門家を中心に政策としてまとめた。
  • 2006年4月の衆議院千葉7区補欠選挙で党の広告に柴犬の「もも」を起用。補選で「もも」は小沢代表や候補者たちの応援に出向き話題をさらった。小沢によれば当時の小沢の飼い犬であった「ちび」と似ているらしい。
  • 1999年4月に韓国を訪問した際、同月18日に日本の党幹部・閣僚クラスの政治家としては初めて(当時)となる、ソウルにある金九尹奉吉李奉昌白貞基といった、嘗ての抗日独立運動家の墓地を参拝した。この事に関して、東亜日報は「新しい韓日関係のため韓国に近づこうとする努力の一環として評価している」と報じ、文化日報は「極右保守的なカラーを薄めるための高度の計算だとの指摘もある」と述べた。
  • 歴史上の人物では、西郷隆盛を尊敬するものの、政治家としては、大久保利通を目指していると述べた。
  • かつて田中角栄の懐刀だった小沢と福田の因縁の戦いは、「第二の角福戦争と呼ばれた。しかし当人たちにはそのつもりが全く無いようで、福田を舌鋒鋭く批判する角栄の娘の田中真紀子元外相の方が注目され、これが真の「第二の角福戦争」だと見る向きもあった。
  • 2007年10月、自民党与謝野馨議員と囲碁で対決した。二人は政界きっての囲碁の実力者で2時間半の激戦の末、小沢が勝負を制した。小沢は「こっち(与謝野氏)は正統派だしね」、与謝野馨前官房長官も「(小沢氏との)最後の一局は、4、5年前、私が負けたんですよ」と互いに勝負の感想を述べた。また、12月には作家の渡辺淳一氏と囲碁で対決し、小差ながらも勝利した。
  • ニートについて、以下のように徹底した自助努力を要求した。またニートの親については、「僕は自宅で小鳥を飼っているが、親鳥はヒナが大きくなるまでは一生懸命に世話をするが、一定の時期がくると冷たいほど突き放して巣立ちさせる。ニートの親は動物にも劣るといっても過言ではない」と評し、その責任を激しく糾弾した。
(ニート問題に関する発言)
-本人たちは「誰の迷惑にもなっていない」と言うかもしれないが、親の稼ぎで食わしてもらっているうえ、国民全体で支える公共的サービスは享受している。病気でもない働き盛りの若者が、漠然と他人に寄生して生きているなど、とんでもない。-
-政府は「少子高齢化の進む人口減少社会で、経済の活力を一段と失わせかねない」として、今後、ニートの就職支援に本腰を入れるというが、果たしてそんな次元の話なのか。僕に言わせれば対策は簡単だ。一定の猶予を与えて、親が子供を家から追い出せばいい。無理矢理でも自分の力で人生を生きさせるのだ。追い詰められれば、彼らも必死に考えて行動するはずだ。それでも働きたくないというなら、勝手にすればいい。その代わり、親の世話には一切ならず、他人に迷惑(犯罪も含む)もかけず、公共的サービスも受けないことだ。無人島でも行って自給自足の生活でもすればいい。-
  • 小沢は、日米、日中の交流が世界の平和と安定に不可欠と考えて、政治家としての公的な仕事とは別に自分のライフワークとして草の根レベルの国際交流活動を続けた。米国とは1990年に「ジョン万次郎の会」を立ち上げ、1992年に財団法人ジョン万次郎ホイットフールド記念国際草の根交流センターを設立した。2001年、日本に関心の高いシカゴ市の特定中学校の生徒を毎年20人程度日本に招待した。中国とは、1986年に第1回長城計画が中華全国青年連合会の協力を得て開催され、青年指導者、大学生を毎年数十名を招待した。国際交流活動は、実施団体とともに小沢事務所が担当したため、複数の外国人の大学院留学生が事務所で働いていた。
  • 小沢は、2000年に韓国人を秘書にした(韓国人が正式国会議員秘書に採用されたケースはこれが初)。彼女の身分としては国が雇い給与が高い公設秘書(公設第1・第2・政策担当)ではなく、私費で雇い給与の安い数十人の私設秘書の中の一人であった。この韓国人秘書は『駐日韓国大使館とも随時政局などについて情報交換を行っており』と述べた。また「世界韓民族女性ネットワークの日本側代表」であり、その団体は米下院での慰安婦決議で反日デモを行っており、また「世界の韓国化」のための行動・議論をしている団体であった(7月11日聯合ニュース)。

 【コメント】 
 私個人としましては、小沢一郎は好きな政治家です。
私のもっとも尊敬する政治家は田中角栄です。
 その愛弟子の小沢一郎只者ではないはず。
田中角栄から政治のイロハ、裏表を教わった男です。
 小沢一郎は私は、白でも黒に変える人間だと思っています。 

 

小沢一郎 武勇伝 2008-02-19

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十七弾 他党支持母体との関係〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。

 野党第一党の小沢民主党は、ガソリン税の3月期限切れの廃止を打ちだし、福田首相の問責決議案えを国会に提出し、総選挙に勝利し政権交代を目指しています。
 いよいよ、与野党の攻防戦です。
政治生命を懸けた小沢一郎、是が非でも政権交代を果たしたいところでしょう。

 今回は、選挙協力、大連立、労働組合との関係を掲載します。 

 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家北京オリンピックを支援する議員の会の顧問を務める。
衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。  

他党、支持母体との関係 
選挙協力 
思想的には保守であるが、自公政権打倒のためには共産党を含めた全野党による選挙協力も辞さないことを表明している(「参院選候補選定「直接やる。カギは1人区」」)。社会党の社公民路線以来、「非自民・非共産」として、共産外しが常態となっていた野党第一党の代表としては異例の見解である。そのため、自公からはもちろん、党内の反共主義者からの批判も見られる。もっとも、共産党も現時点では「市場主義重視」の民主党の「第三の道」路線に対して自公共々批判的であるため、この可能性は薄いものと見られる。
大連立
民主党が政権を取る為には、自民党と連立し、連立政権の中で実績を示して政権担当能力を示す必要がある。以前に共産党との協力に言及したことを踏まえれば、政権を取るためにはどの党派とも手を組むことはあり得ると認識していることになる。
労働組合との関係
未組織労働者や市民層からの支持を増やすことで協調的に労組との関係を維持する

  【コメント】  

 別名「剛腕」とも「壊し屋」とも言われている小沢一郎。
確かに調べていくうちに、自分の求める政策を果たすために、作っては壊しそして強引に物事を進める一面があり、与党にとっては油断のならない政治家だと思う。
 去年福田、小沢の密室会談で自公民の大連立構想が浮上したが、民主党役員会議で却下され、小沢一郎は一時辞職を決意したが、民主党が打倒自公連立を果たす為に、小沢の「剛腕」といわれる力が必要だったため、留任となり小沢一郎も政治生命を懸けた政権交代へとつきすすんでいる。

続きを読む »

小沢一郎武勇伝 2008-01-22

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十六弾 政治的主張 その?〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。

 いよいよ通常国会が始まりました。
野党第一党の小沢民主党は、ガソリン税の3月期限切れの廃止を打ちだし、福田首相の問責決議案えを国会に提出し、総選挙に勝利し政権交代を目指しています。
 いよいよ、与野党の攻防戦です。
政治生命を懸けた小沢一郎、是が非でも政権交代を果たしたいところでしょう。

 今回は、地方分権、教育改革、農業政策を掲載します。 

 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。  

 

地方分権
中央集権体制から地方主権体制への移行。
補助金を地方に一括交付。
市町村を300程度に集約。


教育政策
与党案とは異なる民主党独自の「教育基本法」の制定。5歳から高校まで義務教育を広げる。
「子ども手当て」と親と同居の「親手当」。
教師などの教育職員は国家公務員として身分を安定させる。その代わり争議権を認めない。
農業政策
わが国の安全保障を確保するためには現在49%に低下している食料自給率を先進国並みに高めることが必要である。これを実現するためには、単に今輸入している畜産物などをそのまま自給に切り替えるということでは農地の少ない日本では実現は困難である。動物たんぱく質よりも植物たんぱく質中心の日本型食生活の普及、高収量、環境耐性作物を開発するための研究開発の充実等の政策を長期にわたって実施することが必要である。
また、農家、農村の活力を再生するために、穀物などの主要農産物について農家ごとの収入と費用の差額を補填する戸別所得保障制度を導入することが有効である。これに伴い、現在講じている輸入関税などの国境措置は不要となる。


【コメント】 

 私は、小沢一郎が掲げる地方分権いまこそそのときだと思う。
中央は、小泉政策で地方は切り捨てられ、格差が生じ地方は一向によくならない。
 地方を元気づけるには、やはり公共事業と地方交付税、それと農業政策だと思う。
公共事業や地方交付税を増やし、地方に活力を与え地方ならではの農業政策を行い、地方を活性化し、地方の特色をいかした地方分権の政策をとり、国家の財政負担率を軽減すべきだとおもう。
 農業などで、地方を活性化することで国内食料自給率も高めるべきだと思う。
格差是正や、食料自給率を高めるためのも、地方に公共事業と地方交付税という特効薬を投与し、地方を元気ズ付けてかえから、地方交付税などの回収を中央は行えばいいのではなだろうか? 

小沢一郎武勇伝 2008-01-13

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十六弾 政治的主張 その?〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。

 一月ぶりの掲載となります。
昨日、おとといでしょうか?
 ようやく「新テロ特措法」衆議院での57年振りの再可決でしたっけ?
再可決し、またインド洋の自衛隊による給油かつどうが再会されます。
 また、この法律の恒久法としての見直しの声あがっています。
小沢一郎はもともと、自衛隊法に関したこの分野では、「恒久法にすべき」という考えをもっております。
 確かに、この間の2~3ヶ月の間、「テロ特措法」が恒久法だったらこの間の時間は、他の閣議ができたでしょう。 

 今回は、小沢一郎の政治的主張その?としまして、経済、財政政策、税制、社会保障、年金問題、格差是正、地方分権を掲載します。

 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。

 
経済、財政政策 
 小さな政府ではなく、「官で出来ることは官で、民で出来ることは民で」。無駄な公共事業を極力減らしていく方針。 

税制 
消費税の5%維持と年金特定財源化。 所得税配偶者控除扶養控除の廃止。 道路特定財源一般財源化。

社会保障、年金問題 
厚生年金共済年金国民年金、それに議員年金も含めすべての年金を一元化 1人月額6万円を支給する基礎年金と従来の保険料方式を維持した所得比例年金の2階建て。 消費税は5%のまま全額を福祉目的税化する。しかし、消費税5%分(約13兆円)だけでは年金の基礎部分を賄えないため、必要な財源は既存予算から捻出するように努力する。また、「給付する人を低所得者に限るため、13兆円で足りる」と反論した。しかし、13兆円では、国民の半数にしか年金が支給できないとの批判がある。 

格差是正 
管理職は自由競争だが、非管理職は終身雇用
 社会的格差の是正 挫折した経営者・労働者の再起、再就職の支援制度の拡充。

地方分権 
中央集権体制から地方主権体制への移行。 
補助金を地方に一括交付。 
市町村を300程度に集約。

【コメント】  小沢一郎、私はこの政治家に注目し、小沢一郎武勇伝をウィキベデアを参考に立ち上げました。
 また、今年は洞爺湖サミットごに行われると、されている総選挙。
これは、「剛腕」小沢一郎が政治生命をかけた、一代勝負でいょいょ小沢一郎が政権取りにでてくる選挙選です。
 福田政権ものんびりとはしていられません。
いまのところ私が見るには、福田康夫より小沢一郎が優勢かと思います。
 それは、やはり福田首相のいまの国民の民意がよめないことだと思います。
国民は、相次ぐ物価上昇によりかなりの庶民生活が圧迫されています。
 いま、緊急処置を政府が行わなければいけないのです。
一般庶民は、緊急処置を待っているのです。

 福田首相は、スローペースながらも、薬剤肝炎問題を解決、そして新テロ特措法可決、いよいよ長年の問題の年金問題への全面解決へ向けての本格的始動など大きな問題に取り組んでいるのも事実です。

 水と油の自民党と民主党これからどのような政局、政策が展開されるのか政治から目が離せません。

小沢一郎武勇伝 2007-12-21

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十七弾 政治的主張 その?〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。
 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。 

労働組合との関係
未組織労働者や市民層からの支持を増やすことで協調的に労組との関係を維持する。
社会保障、年金問題
厚生年金共済年金国民年金、それに議員年金も含めすべての年金を一元化
1人月額6万円を支給する基礎年金と従来の保険料方式を維持した所得比例年金の2階建て。
消費税は5%のまま全額を福祉目的税化する。しかし、消費税5%分(約13兆円)だけでは年金の基礎部分を賄えないため、必要な財源は既存予算から捻出するように努力する。また、「給付する人を低所得者に限るため、13兆円で足りる」と反論した。しかし、13兆円では、国民の半数にしか年金が支給できないとの批判がある。
教育改革
与党案とは異なる民主党独自の「教育基本法」の制定。5歳から高校まで義務教育を広げる。
「子ども手当て」と親と同居の「親手当」。
教師などの教育職員は国家公務員として身分を安定させる。その代わり争議権を認めない。


【コメント】  揺れ動く年金問題、いまは社会保険庁解体の作業のなかでの、国民年金の記載漏れによる、受給問題。
はっきりいっちて、これは社会保険庁官僚のズサンな年金管理体制に問題があると思う。
 元、現社会保険庁にいたあるいはいる官僚の共済年金減額をおこない、記載漏れと思われる自己申告の受給者のみ、満額支払うべきだと思う。
 私は個人的に消費税は、やはり全額医療福祉を目的とした税制の取り組みをすべきだと思う。
医療、福祉をよくするために消費税を十数パーセントまで、段階的に引き上げ年金制度や介護保険制度、健康保険制度を廃止し、すべて消費税でまかなうことにして、消費税だけは医療、福祉目的のみの税としたほうがいいと思います。

 労働組合は、私たち特に雇用されている側で中小企業、日雇い、派遣社員、フリータなどの弱い立場の人たちの労働組合を作りやすくし、私たち労務者の生活安定のための、行政、雇用主との組織対組織の話し合いのできる体制が必要だと思います。

 教育改革は、義務教育の見直しを行い高校まで義務教育とし、ただし高校は選択性で進学するか就職するかを決めることを考えてみてはどうだろうか?
高校まで義務教育化をし、ゆとりある教育と子供達を受験戦争からの緩和を図るべきだと思う。
それと、教員の徹底的な適正を図るべきだと思います。
また、モンスターピュアレントで傷ついた心のケアーという、受け皿も必要不可欠だと思います。

小沢 一郎武勇伝 2007-12-12

     シリーズ小沢 一郎

                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十六弾 政治的主張 その?〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。
 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

 小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。

日米中関係
最も重要なのは同盟を結んでいる日米関係だが、沖縄県知事選で「反日米安保・反自衛隊」が持論の候補を推薦し、与党からはまとまりがないと批判された。
日米中は二等辺三角形でも正三角形でもどんな形であれ正常な関係にならなければいけない。
日米、日中の人的交流を緊密化するための多面的な交流事業を長年にわたって推進している。
永住外国人の地方参政権
旧植民地政策により日本に移住、戦後そのまま在住した永住外国人・その家族が日本国籍を獲得しにくい場合でも、その歴史的事情を勘案し、また地域の住民との連帯感を醸成するために地方参政権を与えるべき。

【コメント】  日中国境正常化を果たした、故田中角栄元首相その血を受け継ぐような印象を(私は)実の娘の田中真紀子より、強く受ける小沢一郎。
やはり、隣人でありいま経済成長が著しい中国、この国は基本的な政策は日本の資本主義型民主主義とは違い、共産主義型政策を行っている国ですが、日本にとっては隣国です。
隣同士仲良くしなければなりません。
 また、日米関係もアメリカのイエスマンでなく、日本が協力できるものはできる、できないものはできない、そしてアメリカが間違っているときは間違っている、ということをはっきりいえる、真のパートナーでなければならないと思う。

 この永住外国人の地方参政権は、外国人でも日本に永住すれば日本人と同じだと思います。やはりいろんな面で参政権は必要だと思います。

小沢 一郎武勇伝 2007-11-30

     シリーズ小沢 一郎
                           出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                                         http://ja.wikipedia.org/wiki/

   〜第十六弾 政治的主張 その?〜


 お断り、毎日国政に取り組んでいる代議士の方々お疲れ様です。
失礼ながら、敬称を略させていただきます。
 尚、参考資料は【ウィキペディア】によるものです。


       小沢 一郎プロフィール

衆議院議員 小沢 一郎
生年月日1942年5月24日(65歳)
出生地出生地・東京市下谷区(現:東京都台東区)
本籍地・岩手県水沢市(現:奥州市水沢区)
出身校慶應義塾大学
日本大学大学院(中退)
学位・資格経済学士
前職大学院生
所属委員会
内閣役職
衆・国家基本政策委員会委員
世襲2世
父・小沢佐重喜(衆議院議員)
選出選挙区岩手4区
当選回数13回
所属党派民主党(小沢グループ)
党役職代表
次の内閣・内閣総理大臣
岩手県総支部連合会最高顧問
会館部屋番号衆・第一議員会館605号室
ウェブサイト■小沢一郎ウェブサイト■

小沢 一郎小澤 一郎おざわ いちろう1942年5月24日 - )は、日本政治家衆議院議員(13期)。民主党代表(第6代)。

自治大臣第34代)、国家公安委員長第44代)。自由民主党幹事長新生党代表幹事、新進党党首(第2代)、自由党党首を歴任。

A級戦犯

   靖国神社

東京裁判は不当な報復裁判であり、A級であろうがB級であろうがC級であろうがそういう問題ではない。ただし当時の国家指導者は敗戦責任があり、天皇陛下が参拝できるよう靖国神社から削除すべき。行く行かないは個人の自由。ただし公約をし、政治信念で行くのならば8月15日に公式参拝を行うべき。 靖国神社は戊辰戦争の招魂社だと言う問題がある。私は賊軍の岩手出身だ。

【コメント】 靖国神社は、天皇を祭った神社とされ、天皇家も参拝する神社ですが、この神社に戦犯者も祭られ現状は天皇家は参拝できない状態で、政治家が特に総理が参拝すると中国や韓国が敏感に反応し、かなりの批判が日本にきます。
 私の田舎の北海道旭川の自衛隊の駐屯地の前に護国神社があり、そこにはやはり戦没者が祭られています。
この護国神社は、自衛隊の神社とも言われています。

 私もこの神社は元々天皇を崇拝した神社で、昔は天皇を神として崇拝していたじだいもあり、靖国神社は天皇家代々崇拝してきた神社に、戦犯者を一緒にしておくのは良いとは言いがたいと思うし、日本の国のシンボルとした神社だと思うので、政治家なども大勢参拝すると思います。
戦犯者が祭られているがゆえに、誤解を招いているのだと思います。
これは、やはり別に祭るべきだと思います。
戦犯者は英雄ではないのです。


 | HOME |  >>

Profile

桜木 花道

桜木 花道

歓迎!DTIブログにようこそ!
このサイトは、アフィリエイトを含む情報発信サイトとして、皆様に役に立つサイトとして勉強していきたいと思います。また、コミニュティーの場とて、皆さんと一緒に地球環境問題考えて行こうとおもっていますので、のコメントを御待ちしています。ご指導ごべんたつのほどを宜しくお願いいたします。尚当サイトは、健全化のためアダルトを廃止を宣言し、掲載いたしません。皆様、子供から大人まで楽しめる安全な、サイト運営に心がけたいと思います。
さぁ!皆さんGet Moneyでお小遣いを稼ごう!!詳しいことは、私のサイトを細かくご覧ください。

クレジットカードのショッピング枠をオンライン決済で現金化。最速60分送金。還元率最高90%



SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート


商品無料仕入戦隊『電脳卸』



天気予報コム









-無料占い-

border=0













Monthly


Categories



Appendix

  • RSS 1.0
  • HTML 4.01
  • RSS FEED
  • GALPOP.NET
  • GALPOP BLOG

Entries


Comments


Trackbacks